とうとう中国にも暴走族やパンクスが登場したようです

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 ニュース, 海外 ,

経済発展の割にはカルチャー感がイマイチだった中国ですが、ようやく追いついてきました。

中国では最近、「暴走族」が流行っているみたいです。
さらには、暴走族以外にも、刺青やパンク、日本のビジュアル系をまねたような『殺馬特』と呼ばれるスタイルも人気なんだとか。

社会が発展して少し経つと、パンクな若者が登場してくるものです。歴史が証明してます。70年代イギリス、80年代日本。それから10年代の中国です。日本で言えば、江戸時代のカブキ者とかもそうかも知れませんね。

かつてない好景気に湧いた中国ですから、今後何年かの中国パンク界は熱いことになりそうです。

殺馬特の若者

中国のパンクスはこんな感じだそうです。

あふれ出るサンシタ感。


やっぱり、爆裂都市、北斗の拳、マッドマックス辺りは見ているのでしょうか。
中国には「馬賊」の伝統もありますし、そういうのを目指してる人たちが居ても不思議ではありません。

中国は奥が深いです。

pc用

pc用

pc用

牛乳瓶のフタ本位制経済の成立と崩壊までの全記録

僕は小学生の頃、牛乳瓶の蓋本位制の貨幣システムを発明しました。

じっと座っていられない人のためのマインドフルネス入門

マインドフルネス、足りてますか? 数年前からマインドフルネスって

ゲームアプリをリリースして初日に、AppStoreのランキング29位まで行きました

この度、相棒ざきよしちゃんと一緒に作った、激ムズ系ドット絵アクショ

将来総理大臣になったときのために、マニフェストを考えてみました

現実社会に投票したい政党が全くないので、自分なりにマニフェストを考

バキの名言から人生の美学を学べッッ!!!

「刃牙シリーズ」という、言わずと知れた名作があります。 グラ

→もっと見る







  • すいそです。
    ほめられて伸びるタイプです。

    猿の惑星と、家畜人ヤプーと、
    マンアフターマンが好きです。

    訳の分からないことを、
    訳の分からないままにしておくのが嫌いです。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑