高円寺のインド食材店、「サラハウス」でスパイスを買ってきました。

公開日: : 最終更新日:2015/02/13 カレー, 食べ物

高円寺駅を出て、阿佐ヶ谷方面へ向けて線路沿いに3分ほど歩くと、インド食材店「サラハウス」があります。

「マサラハウス」ではなく、「サラハウス」です。空目しやすいので気を付けてください。

サラハウスの看板

お店の中にはいつ行ってもインド人が溜まっているので落ち着かないかも知れませが、みなさん案外フレンドリーだったりするので、物怖じしないようにしましょう。

店主と思しき女性(サラさん?)は昨年妊娠したようで、しばらく産休でお店にいなかったのですが、昨日行ったときには復帰していました。ところが、今年もまた妊娠したようなので、もうすぐまた産休を取るかも知れません。サラさん以外には基本的に日本語が通じないので、買い物をするのにも一苦労ですが、お客さんに日本語が出来る人がいればその人が助けてくれるので心配ありません。

欲しかったカレーリーフとヒングは品切れだったので手に入らなかったのですが、日本語のわかるお客さんに「カレーリーフはないの?」と尋ねたら「これじゃないの」とローリエの葉っぱを渡してきました。ヒンドゥー語で言わなかったのが悪いのか、そのひとがカレーリーフとローリエの違いをわかってなかったのか、よくわかりませんが、適当なことを言ってくることもあるので気を付けてください。

今はスーパーやカルディなどでもスパイスをそこそこ揃えることが出来ますが、無いものも多いし量がすくなかったりするので、カレー作りに情熱を燃やしている人であればインド人の溜まり場にも飛び込んでいくべきでしょう。スパイスやダールなどは、やっぱり専門的なお店で購入した方が圧倒的に安いです。

個人的には、サラハウスの品揃えが以前より悪くなっていたのが気がかりではあります。既成品の箱入りスパイスが増えていたのと、品切れのものが多かったです。
もちろん、クミンやコリアンダーなどの基本的なスパイスや豆類は相変わらずそろっていて、ぼくは今回、ムングダル1キロ、トゥールダル500グラム、マスタードシード200グラムを購入したのですが、占めて700円でした。相変わらず安かったです。

「高円寺は日本のインド」だと言われていますが、そんななかでも特にインド色が強いのがサラハウスだと思います。
カレー好きの人なら間違いなく楽しめるはずなので、高円寺に寄った際には是非ともサラハウスを覗いてみてください。

pc用

pc用

pc用

牛乳瓶のフタ本位制経済の成立と崩壊までの全記録

僕は小学生の頃、牛乳瓶の蓋本位制の貨幣システムを発明しました。

じっと座っていられない人のためのマインドフルネス入門

マインドフルネス、足りてますか? 数年前からマインドフルネスって

ゲームアプリをリリースして初日に、AppStoreのランキング29位まで行きました

この度、相棒ざきよしちゃんと一緒に作った、激ムズ系ドット絵アクショ

将来総理大臣になったときのために、マニフェストを考えてみました

現実社会に投票したい政党が全くないので、自分なりにマニフェストを考

バキの名言から人生の美学を学べッッ!!!

「刃牙シリーズ」という、言わずと知れた名作があります。 グラ

→もっと見る







  • すいそです。
    ほめられて伸びるタイプです。

    猿の惑星と、家畜人ヤプーと、
    マンアフターマンが好きです。

    訳の分からないことを、
    訳の分からないままにしておくのが嫌いです。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑