代ゼミ殺人未遂事件の犯人が受けていたインタビュー動画が切なすぎる

公開日: : コラム, ニュース

なんというか、哀しすぎる事件です。
はじめに聞いたときは、てっきり犯人も19とか20くらいの子なんだと思ってたんですが、まさか30歳だったとは。

福岡・北九州市の代々木ゼミナールで11日、男子生徒を刺した30歳の予備校生の男が逮捕された。その男は2014年8月、FNNの取材に答えていたことがわかった。
「やっぱり元気とやる気がナンバーワンだと思います。宮本武蔵の言葉にあるように、『我の人生 後悔なし』。以上です」などと、カメラ目線で自信満々に語るのは、中島政夫容疑者(30)。
2014年8月、中島容疑者は、代々木ゼミナールが全国に27ある拠点のうち、20カ所を来春、閉鎖することを受け、FNNの取材に答えていた。
http://www.fnn-news.com/fujitv/?URL=http%3A%2F%2Fwww.fnn-news.com%2Fnews%2Fheadlines%2Farticles%2FCONN00280628.html

で、そんな犯人がインタビューで答えていた言葉がまた哀しい。

「(小倉校が、2014年3月に閉鎖されるが?)知らなかったです。(それを聞いてどうですか?)僕は、たばこをずっと名古屋で吸っていたんですよ。地元でもやんちゃで。でも、こっちに来たら、先生が僕と面と向かって話してくれて、たばこもやめられて。髪もずっとキンキラキンだったんですよ。でも、髪を黒髪にして、初めて自分と向き合って素直になれたので。すごく僕、感謝しています」と話していた。

中略

さらに、受験への意気込みを語っていた。
中島容疑者は「志望校は早稲田です。本当に何にもわからなくて、アルファベットもわからないんですけど、一緒になって教えてくれて、辞書を買ったり、参考書を買ったり、参考書を教えてもらったり。授業中の黒板でも、熱意が伝わってくるんです。ことしは必ず大学受験を成功させます」と話していた。

やり直せない社会

動画を見る限り、なんだかものすごく「真っ直ぐ」な感じがするんですよ。
なんというか、悪いやつには全然見えませんでした。今どき、こんな真っ直ぐなコメントが出来る浪人生がいますか?

憶測ですが、もしかすると、この犯人は被害者の子にからかわれたりしてたのかも知れません。
30歳の予備校生なんて滅多にいませんし、声が高いのもバカにされやすいポイントです。ひょっとしたら、それでバカにされてトラブルになってたのではないでしょうか。

アルファベットもわからないレベルから、大学受験をして早稲田を目指す30歳。たしかに痛いかも知れません。「受験をする」のが、ベストアンサーではなかったかも知れません。だけど、この人はこの人なりに、人生をやり直そうとしてたんですよ。がんばってたはずなんですよ。

それがこんな形で終わってしまうなんて、あまりにも哀しすぎる。あまりにも救いがない。
人まで刺して、こんな大ニュースにまでなって、顔まで割れてて。今度こそ本当に「やり直せない」ことになってしまったわけですよ。

どこかに救いはなかったんでしょうか。

pc用

pc用

pc用

牛乳瓶のフタ本位制経済の成立と崩壊までの全記録

僕は小学生の頃、牛乳瓶の蓋本位制の貨幣システムを発明しました。

じっと座っていられない人のためのマインドフルネス入門

マインドフルネス、足りてますか? 数年前からマインドフルネスって

ゲームアプリをリリースして初日に、AppStoreのランキング29位まで行きました

この度、相棒ざきよしちゃんと一緒に作った、激ムズ系ドット絵アクショ

将来総理大臣になったときのために、マニフェストを考えてみました

現実社会に投票したい政党が全くないので、自分なりにマニフェストを考

バキの名言から人生の美学を学べッッ!!!

「刃牙シリーズ」という、言わずと知れた名作があります。 グラ

→もっと見る







  • すいそです。
    ほめられて伸びるタイプです。

    猿の惑星と、家畜人ヤプーと、
    マンアフターマンが好きです。

    訳の分からないことを、
    訳の分からないままにしておくのが嫌いです。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑