自己責任論が恐ろしい

公開日: : コラム, 海外


湯川遥菜さんと後藤健二さんがイスラム国に人質にとられました。身代金二億ドル払わないと殺すと脅されてます。

僕はイスラム国についてよく知りませんが、この件に関してネット上ではいくつか「自己責任論」を目にしました。まったくもって冷たい話。なにかに挑戦した人が結果として失敗したときに、「自己責任だから助けなくてもいい」としてしまうのはつまらない考え方です。

特に、「テロには屈しない」とかじゃなくて、あいつらは自己責任だから死んでもいいじゃんってところがやばいです。自己責任論の行き着くところは江戸時代です。誰もリスクを取らない、誰も挑戦しない世の中になると思います。

自己責任だから野垂れ死んでも仕方ないのか?

もちろん、紛争まっただ中のイスラム国まで乗り込んでいくのはめちゃめちゃリスクが高いのは当たり前です。

ですが、ああいうジャーナリスト的な人たちがリスクを冒してでもイスラム国に乗り込んで行くから、僕ら一般人にも情報が伝わってくるんじゃないでしょうか。連中はツイッターとかもやってるので、そこからの情報はわかります。日本やアメリカ政府からの情報も見れるでしょう。だけどそんなのは大本営発表であって、生の情報を届けるのはジャーナリストの仕事です。

世の中にはリスクを冒す人が必要なんですよ。だから、実際に身代金を払うかは別として、自己責任だから仕方ない。みたいにぶん投げるのは違う気がします。湯川遥菜さんはちょっと変な人っぽいですが、それでも彼だって死ぬほど悪いやつではないはずです。

本人が「自己責任だ」と言っていたとか、関係ないんです。どんな事情であれ、助け出せるように努力する。あるいは助かるように祈るのがまともな考えだと思います。

ですが、よくよく考えてみれば、この国じゃ毎年3万人も自殺してるってのに、「鬱は甘え」と言ってのける人たちが大勢いますからね。考えがブレてないだけだなのかも知れません。

pc用

pc用

pc用

牛乳瓶のフタ本位制経済の成立と崩壊までの全記録

僕は小学生の頃、牛乳瓶の蓋本位制の貨幣システムを発明しました。

じっと座っていられない人のためのマインドフルネス入門

マインドフルネス、足りてますか? 数年前からマインドフルネスって

ゲームアプリをリリースして初日に、AppStoreのランキング29位まで行きました

この度、相棒ざきよしちゃんと一緒に作った、激ムズ系ドット絵アクショ

将来総理大臣になったときのために、マニフェストを考えてみました

現実社会に投票したい政党が全くないので、自分なりにマニフェストを考

バキの名言から人生の美学を学べッッ!!!

「刃牙シリーズ」という、言わずと知れた名作があります。 グラ

→もっと見る







  • すいそです。
    ほめられて伸びるタイプです。

    猿の惑星と、家畜人ヤプーと、
    マンアフターマンが好きです。

    訳の分からないことを、
    訳の分からないままにしておくのが嫌いです。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑